1) 副業・ビジネス全般

ネットビジネス有料スクールの裏話

ネットビジネスの裏話

こんにちは いもです。

ネットを使った副業で稼ぎたい人は、とにかく「継続」することが重要」という記事の中で、勉強のためにお金をかけることの重要性を書かせてもらいました。また、指導者がいる環境で学ぶこともおすすめしました。

とはいっても、誰からネットビジネスを学んだら良いのかどんなスクールに入会したら良いのかなどを決めることに悩んでしまうのではないでしょうか。

今回の記事は、私がこれまで300万円以上をつぎこみ、さまざまな方法でネットビジネスを学んできた経験から知り得た裏話です。有料のネットビジネススクールを選ぶ時の参考にしてください。

ちなみに私は、次のようなスクールに入って勉強したことがあります。

有料のネットビジネススクール

・海外ネット販売エキスパート養成講座
・e-bay/アマゾン ハイブリッド輸出
・〇〇(個人名のため割愛)カメラ転売
・〇〇(個人名のため割愛)Youtube講座
・WEBマーケティング基礎講座

ネットビジネス
ネットを使った副業で稼ぎたい人は、とにかく「継続」することが重要ネットを使った副業で稼ぐためには、とにかく継続することが重要です。副業を続けるために必要なこと5つを紹介します。特に、会社勤めで忙しい40代、50代の人は、自分の目指す姿を明確に持ち、少しずつでも着実に進んでいくことをおすすめします...

有料スクールで経験した「怪しい」裏話

偽の推薦者

大げさな「推薦者の声」や「口コミ」は気を付けろ

あるスクールの期限終了間際に行われた、スクール生限定セミナーに参加したときの話しです。

セミナーが終わり、懇親会の開始まで時間が多少ありました。最後のセミナーということもあり、普段はセミナーに参加しないような人も多く参加していました。

30人ほどいた生徒は、セミナー会場に残り、いろいろと話しをしていました。すると講師が、セミナー会場に戻ってきて言いました。

今日、スクールの推薦動画に出演予定だった人が急に来れなくなってしまいました。誰か代わりに出てもらえませんか?

儲かっているように話してくれればいいから」と講師は耳を疑うようなことを言っています。

すると何人かが手を挙げてそれを引き受けました。それは、セミナーにほとんど出席していなかった、あまり真剣に学んでいなかったような人ばかりでした。

そして驚いたことに、その人たちはカメラの前で堂々と大げさなストーリーを話し始めたのです。

あたかも、このスクールに入ると大儲けでき、裕福な生活が送れるかのような内容でした。その話しぶりは、代役でいきなり話すことになったとは想像できないくらいに、自然なものでした。

そのスクールは私が入った中で唯一、あまり成果を出せなかったところです。その上でこのような不誠実な場面に遭遇してしまいました。

こんなインチキをする講師とは思っていませんでしたので、一気に信頼できなくなりました。そしてそれ以上に、嘘の証言をした生徒たちに呆れました。

その推薦動画を信じて入会してしまう人もいるかもしれません。

悪びれもせず動画に出演し、嘘の話を平気な顔でできてしまう。こういう人たちが生徒側にもいるのです。

この話からも分かるように、ネットなどで見かける宣伝をそのまま信じてはいけません

「推薦者の声」や「口コミ」の中には、間違いなく「うそ」も混じっています。

それを見分けるのは至難の業です。しかし、「ネットを使った副業で稼ぎたい人は、とにかく「継続」することが重要」にも書いた通り、何をやるにしても簡単に稼げることなどありません。

大げさな宣伝文句は最初から疑ってかかる必要があります。そして、その言葉だけを信じず、その講師に直接連絡して裏どりするなど一手間を惜しまないでください。

もちろん、ネットでそのスクールや講師の評判を検索すればある程度の情報は入手できます。しかし、その情報にも「うそ」が含まれている可能性もありますので注意してください。

いもさん

実は私も、別のスクールの講師から「推薦者の声」の執筆を頼まれたことがあります。成果も出せて本当におすすめできるスクールだったので、本心から推薦文を書きました。なので、「推薦者の声」や「口コミ」は全くのデタラメではないことも知っています

小手先のノウハウを教えるスクールは避けたい

YouTubeの人気が出始める前、当時私が学んでいた講師に「これからYouTubeは人気が出るよ」と言われました。そしてその講師の友人がやっているYouTubeスクールを紹介され、入会しました。

そこでは、YouTubeのスクロール動画(上から下へと文字が流れていくだけの動画)を教えていました。

ネットにある他人のブログ記事を元にストーリーを作り、ネットから集めた写真をつなぎ合わせただけの動画をの上に、そのストーリーを字幕でのせていきます。オリジナル性の低い、価値の低い動画です。

今ではYouTubeの規約変更でスクロール動画で収益を得ることはできなくなりましたが、当時はまだ収益化できたのです。

当時私はYouTubeのことは何も分からなかったので、その講師が教えるままにスクロール動画を学んでいきました。

しかし、そのスクールでは、動画のサムネ(トップページに出る写真)はYouTubeの規約スレスレの「エロっぽい」画像を使い、視聴者の興味を引きクリックさせることを教えていました。

それによって視聴回数が上げ、広告収入を増やすためのやり方です。しかしこれは、明らかに視聴者をあざむく行為です。

私はこのサムネの作り方だけは講師の指導に従いませんでした。しかし、ほとんどの生徒が講師に言われた通りにサムネを作り、どんどん視聴回数を増やしていきました。

ところが6ヶ月ほど経ったころ、「エロっぽい」サムネの動画が、YouTubeによってすべて削除されていったのです。

中にはアカウント自体を凍結されてしまった人もいました。

視聴者をあざむく行為はプラットフォーム(ここではYouYube)の信用と評価を落とします

プラットフォームを使うビジネスの場合、プラットフォームに喜ばれるようなコンテンツを作るのが大前提です。

儲けるための小手先のノウハウはいずれできなくなることを知っておいてください。

いもさん

知識が乏しい段階で入会を決めたスクールが「小手先の技術を教えてるかどうか」は正直分かりません。しかし、講師の指導した内容が「人をあざむいたり、嘘をついたり、不誠実」と感じたら、その部分はやらない方が賢明です

有料スクールで経験した「良い」裏話

良い裏話

入会した生徒限定のセミナーと懇親会

ほとんどのスクールでは入会した生徒限定で定期的にセミナーを開催していました。そして、そのセミナー後には、講師と生徒との懇親飲み会が行われるのが普通でした。

この懇親会はとてもためになります。是非参加することをおすすめします

メリット1:講師と飲みながら具体的な話しができる

講師の立場から見ても、講師が用意したセミナーに参加し、その後の懇親飲み会に参加してくれる人は特別な存在です。一生懸命学ぼうとするだけではなく、講師と一緒にスクールの雰囲気を盛り上げてくれるからです。

そういうこともあり、懇親飲み会では、普段話されないような話題にまで話が広がり、思いがけない良い情報を手にすることが良くあります。また、自分の身の上話しから現在取り組んでいる状況まで、幅広く自分のことを講師に知ってもらうことができます。

お酒を飲みながら話したことで、思わぬところで講師との距離が近づくようなことも多々あります。

講師の指導を受けていく上で、お互いを知るということは非常に大事なことです。

メリット2:同じ立場にいる生徒と話しができる

他の生徒が頑張っている話しを聞くことで、自分のモチベーションが上がります

自分より知識や経験のある生徒と話せば、自分が今苦労していることを乗り越えた時の経験談を聞くこともできます。自分より知識や経験のない生徒と話せば、人に教えることで自分の考えをまとめることになり、より理解することができます。

また、コンピューター上で名前しか知らなった生徒の顔を見て話すことができます。

オンラインで名前しか知らないと、お互い「ライバル」という意識が強まります。しかし、実際に合ってみると、「一緒に成長を目指す仲間」という感覚も生まれます。

40代、50代の人であれば、若い人からいろいろ吸収して、どんどん成長していくチャンスでもあります。

メリット3:講師の知り合いとも会える可能性がある

講師が知り合いの人を連れてくることがあります。その人は、自分たちが勉強している同じ分野の人の場合もありますし、違う分野の人の場合もあります。

いずれにせよ、わざわざ講師が連れてくるのですから、自分たちより先を進んでいる人であることがほとんどです。そのような人と会う機会が持てるというのは大きなメリットの一つです。

いもさん

懇親会には始めて会う人もたくさん来ます。「会の席ではやる気満々の話をしていても、家に戻るとできない言い訳ばかり言って進まない人」「これまでに数多くのスクールに参加しながらも結果を出せていない人」。反面教師に会えるという意味でもありがたい機会です

生徒同士で助け合う関係をつくろう

カメラ転売のスクールに入っていた時の話です。

このスクールでは、毎日の作業を「日報」という形で提出することが義務付けられていました。「日報」を読んだ講師からはフィードバックがあり、その内容は役立つものでした。

そんなスクールが進むに従い、「日報」を毎日提出し続ける人は徐々に減ってきました。ついには私を含めて3人というところまで減りました。

しかし、2日に1度や、数日に1度は提出してくる人もまだ残っていました。何とかしがみついていたのです。

そんな中の1人から、スクールで使っていたコミュニケーションツール(Chatwork)で私に直接連絡がありました。

その人は先の懇親会で知りあった15歳以上年下の人でした。新幹線を使って懇親会に参加するほどの熱心な人でした。その時はお互いの進捗などいろいろなことを話しました。

彼から来たのは「私の作った販売ページのテンプレートが素晴らしいからそのテンプレートを参考にさせて欲しい」という申し出です。

そこで、私はテンプレートのデータを差し上げることにしました。

その後、彼は私のテンプレートを使いながら、徐々に売上を伸ばしていきました。

しばらくして、彼からまたChatworkで連絡がありました。

彼は、講師が新たに立ち上げた、カメラ転売の新サービスにもお金を払って参加していました。

私はそのサービスまで手を広げる余裕がなく、そちらへの参加ちらは見送っていました。しばらく様子を見て、余裕ができた折には参加しようと考えていました。

彼はそのサービスの内容や状況を詳しく教えてくれました。そして、新しいサービスに参加したものの、結果が出せていない現状も教えてくれました。

結局、私はその新サービスには参加しませんでした。そして半年後、そのサービスはあえなく終了してしまいました。

彼からの情報がなければ、私は途中で中止されるサービスにもお金を払ってしまっていました。

生徒同士で良い交流を持つことも大事なことだと実感した出来事でした。

いもさん

残念ながら、スクールが終わった後も連絡を取り合えている人は1人もいません。しかし、スクール中だけだとしても、同じ生徒の立場で情報交換できる友人がいると、いろいろと助けられることがあります

最後に

決断して前進

有料スクールは実際に入ってみないと分からないことが多くあります。「推薦者の声」や「口コミ」も、本心から書かれたものもあれば、作られたものもあります。

いずれにせよ、あなたではない「他人」の意見です。

いくつかのスクールを経験して言えることは「この人から学びたいという勘」が意外と当たっていたということです。「ちょっと信用できなそうだな」という自分の「勘」も意外と当たっていました。

いろいろと情報を集めていくに従い、候補が絞られてきます。そして最後は、「自分の気持ち」が大切です。

この人なら大丈夫そうだ」という気持ちが自分の中になければ、「講師の言うことを素直に聞いて実践する」こともできません。自分の決断を信じて、その決めたところで最大限の努力をしてください。

どのスクールを選ぶとしても、結局は「自分の行動次第」です。

お金を払っただけの「価値」を得られるかどうかは「自分の行動次第」というのが事実であり現実です。

自分が納得して学べる先を選ぶ上で、この裏話も参考にしてください。