1) ブログ・アフィリエイト

40代、50代に最もおすすめなのは「特化ブログ」の作成

特化ブログ

こんにちは いもです。

以前、「40代、50代は自分のオウンドメディアとしての「ブログ(雑記・特化)・サイト」を保有しよう」という記事で、ブログ(雑記・特化)・サイトのどれを目指して作成するかを最初の段階で決めておかないと、方向性を見失う恐れがあることを書きました。

それに対する私の考え、「40代、50代に最もおすすめは「特化ブログ」の作成」について説明します。

私は40代になってブログ・サイト作成を始め、これまでに12個のWEBサイトを立ち上げた経験があります。しかし、どれもうまくいかず途中ですべて挫折し、半年後には記事の更新が止まってしまいました。

今回の記事は、fその苦い経験から導き出した答えです。

ブログがおすすめ
40代、50代は自分のオウンドメディアとしての「ブログ(雑記・特化)・サイト」を保有しようストック型のネットビジネスで、ブログ・サイト(オウンドメディア)作成は40代、50代の中高年におすすめです。人生で得た経験・知識を活かしたWEBページを資産として作りあげ、アフィリエイトで安定的収入を得る。定年退職後を見据えて始めましょう...

40代、50代に特化ブログがおすすめな理由

お金を稼ぐことが目的の1つなら特化ブログ

自分はどうなりたくてブログ・サイトを始めるのか」を明確にすることは重要なことです。人それぞれブログを始める理由は異なりますが、私の場合は、「将来、安定した収入を得られるようになりたい」というものでした。

それにも関わらず、私が作ってきたものはいわゆる「雑記ブログ」というものでした。あつかうジャンルはある程度絞られていましたが、そもそも収入を得られる構造になっていませんでした。

気づくのが遅すぎました。収入を1つの目的としているなら初めからそのためのリサーチや設計をしておく必要があったのです。

もちろん、収益を得ることを二の次と考え、自分の持っている知識や情報を人のために役立てたいとブログを始める人もいるでしょう。

目的がそのようにはっきりしているなら、それはそれで構いません。しかし、お金を稼ぐことが目的にあるなら、あつかうジャンルを絞った「特化ブログ」として設計すべきです。「雑記ブログ」としてはじめてしまうと稼ぐ限界がおのずと決まってしまいます。

いもさん

「雑記ブログ」のような幅広いジャンルの記事に集まる読者は幅広い層の人達です。成果報酬型広告で物を買ってくれる可能性は低いし、人気のブログにならないとクリック型広告で稼ぐこともできません

自分の経験や知識を提供したいなら特化ブログ

自分が提供できるもの、提供したいものを明確にする」ことも重要です。自分が提供するものによって、どの形態が向いているのかが変わってきます(なお、これは一般論です。この形態しかできないというわけではありません)。

WEBサイトの形態提供できるもの・したいもの
雑記ブログ趣味や日常生活や幅広いジャンルに関して自分の意見・考え・感じたことなど
特化ブログ経験や知識のある趣味や仕事や勉強などに関して、実体験を含めた情報・考え方など
サイト成果報酬型広告などで収入が得やすいジャンルに関する網羅的な情報(経験や知識が乏しくても良い)

いもさん

40代、50代は経験や知識があるから、ジャンルを絞った特化ブログを始めるべきです。体験談や経験に裏付けされた深い知識などは読者に役立つ情報です

読者を増やすなら、自分の個性で「信用」を増やしやすい特化ブログ

自分が戦いを挑む市場を知っておくことも重要です。インターネット上にはたくさんのWEBサイトであふれています。既に多くの競争相手が存在しています。

googleなどの検索結果で上位表示されなければ、読者が自分のWEBサイトにたどり着くことが難しくなります。自分のブログにいくら有益な情報を載せていたとしても、読者の目に触れなければその記事に価値を感じてもらえません

「ブログ」であればほとんどの競争相手は個人ですが、特定ジャンルを扱った「サイト」であれば多くの企業も競争相手です。「特化ブログ」であればあるジャンルを絞ったの中での「個人ブログ」が主な競争相手ですが、「雑記ブログ」はジャンルが広い分、競争相手も多くなります。

しかし、読者を増やすためには他にも方法があります。それは「個人の信用を増やす」ことです。競合のひしめき合う市場で読者に選んでもらうためには人と同じでは勝てません。読者の役立つ情報を提供するのは当然のことですが、そこに個人としての面白さ・人間味・専門性・特異性をのせて自分のファンになってもらう必要があります。

その点で自分の個性を出した意見・考え・感じたことなどを発信できる「ブログ」は勝ります。「雑記ブログ」も「特化ブログ」も個性を出せますが、先に書いた通り、競争相手が少ない「特化ブログ」の方が勝てるチャンスは多いと言えます。

今の時代、SNSを使い潜在読者に直接アプローチすることができます。読者に価値ある記事を書きSNSなども使った集客に力を入れれば、自分のブログの個性を認めてもらい「個人の信用」を増やしていくことがも可能です。

いもさん

今は「信用の時代」です。読者が「価値」を感じてくれる誠実な記事を書き続けることは当然のことです。その上で、自分だけの実体験を持つ40代、50代は、人にはない個性的なブログを作れるはずです

特化ブログを作成する前に収益化の方法を確認する

特化ブログで収益を得るなら成果報酬型広告

ブログで扱うジャンルでの経験・知識を持っていることは当然ですが、ブログを作り始める前に確認しておくべきことがあります。

それは「どのように収益化できるか」、すなわち「どういう形でお金を稼ぐか」を想定しておくことです。

ブログでお金を得るにはいくつかの方法がありますが、まずは「ブログを使って広告収入を得る方法」から始めることになります。

1. クリック型広告(googleアドセンス)

自分のブログに掲載した広告が、読者にクリックされるたびに収入が入る仕組。広告はgoogleが自動的に選んで配信してくれる。ブログ運営者はアクセス数を伸ばす施策や、効果的に広告をクリックしてもらうレイアウトの検証などを行い収入を増やす。但し、1クリックあたりの報酬額は低く、1クリック20~30円程度(ジャンルにより異なる)

2. 成果報酬型広告(ASP、amazonアソシエイトなど)

自分のブログに掲載してある広告を開いた読者が、そこから商品を購入したり資料請求をした場合に収入が入る(成功報酬)仕組。
ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)※の場合:
ASPに登録された数ある広告の中から、自分のブログにあった広告を選び掲載する。報酬額はピンキリで、商品購入額の〇%というものや、〇千円、〇万円といった高額報酬のものもある
Amazonアソシエイトの場合:
アマゾンで扱っている商品の中から、自分のブログで紹介したいものを掲載する。報酬額は商品販売額の0.5%~10%で商品カテゴリーにより異なる(カメラ・家電2%、おもちゃ・家具3%など)

※ ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダーの略で、サイト運営者(広告掲載者)と広告主をつなぐ役割をする企業のこと

アフィリエイトの流れ

クリック型広告(googleアドセンス)で収益を上げるためには、かなりのPV(ページビュー)数が必要です。PV数を上げるためには読者がたくさん訪れる人気ブログに育て上げる必要があり、それは簡単なことではありません。

一方、成果報酬型広告はクリック型広告より高い報酬単価が期待できます。特化型ブログを始める場合は、この成果報酬型広告でどのように稼げるかを事前にリサーチしておく必要があります。

成果報酬型で出せる広告は限られています。いざ始めたブログのジャンルで成果報酬型広告があれば良いのですが、広告が存在しないことに後々気づいた場合は手遅れです。成果報酬型広告につながる記事を自分のブログで書けるのかそれをきちんと確認してください。

いもさん

高額報酬が得られる広告を掲載している人曰く、「安い報酬の物でも高い報酬の物でも売るために必要な努力の量は変わらない」そうです。そのため、初めから高い成果報酬の広告を掲載できるブログを設計することがポイントだそうでです。成果報酬型広告ありきでブログを設計するということですね

成果報酬型広告を探せるおすすめのASP

自分のブログに成果報酬型広告を載せるためにはASPに登録が必要です。但し、広告を掲載するためのブログがしょぼいと登録申請で断られることがありますので注意が必要です。

ASPによって扱っている広告が違いますし、強味としているジャンルも異なります。おすすめASPはいろいろな人がブログなどで紹介していますのでそちらをご覧ください。

ここでは、初心者の人がどんな成果報酬型広告があるかを確認するのに最適なASPを2つ紹介します。

A8.net

ASPについて記事を書いている人のほとんどがおすすめしているASPです。掲載されている広告案件数が多いことと、サイトが分かりやすく使いやすいのが特徴です。次のようなカテゴリ―の広告を掲載できます
A8

A8.net

バリューコマース

A8.netよりは掲載されている案件数が多くはありませんが、大手企業の広告も比較的多く使いやすいASPです。ショッピングや物販が強いイメージです。広告主のサイトから商品画像やリンク先URLを自由に選び、自分で用意した紹介テキストで広告を作成できる機能)など、広告の自由度も大きいのが特徴です。次のようなカテゴリ―の広告を掲載できます
バリューコマース

バリューコマース

いもさん

まずはASPサイトで検索してどんな広告があるのかをよく調べてみてください。各案件の成果報酬単価が載っていますので、できるだけ単価の良い案件の広告を載せられるように考えましょう

最後に

40代、50代には「特化ブログがおすすめ」である理由がお分かりいただけたと思います。また、ジャンルを絞った「特化ブログ」を作るときに、成果報酬型広告でどのように収益化できるかを考えておくとよいこともお分かりいただけたと思います。

もし、本業で行っている仕事のジャンルで特化ブログを作る場合、そのジャンルの成果型報酬広告がない可能性があります。特にBtoBビジネスや、専門的な技術分野である場合です。その場合は、ブログで扱うジャンルを広げたり、切り口を工夫する必要が出てきます。

「特化型ブログ」を始めるにせよ「雑記型ブログ」にするにせよ、お金を稼げることはブログを続けていくための大きなモチベーションになります。

そのためには、自分が作成するWEBサイトの形態を決める時に、収益化の方法もあわせて考えておく必要があります。

40代、50代の人は、自分の強味(ジャンル)で「特化型ブログ」を作り、ASPにある「成果報酬型広告」をうまく掲載できる方法を、企画の段階でよく考えるようにしてください。