2) ストックフォト

過去に撮った写真を使い、ストックフォトで稼げるのか?

ストックフォト

こんにちは いもです。

今回はストックフォトでの稼ぎ方を具体的に見ていく第1回目です。まずは、過去に撮影して今手元にある写真を使ってストックフォトで稼げるのかを考えて行きます。

そのためには、ストックフォトサービスへのクリエイター登録との写真審査における手続きと要件を知っておく必要があります。

それでは詳しく説明していきましょう。

ストックフォトクリエイター登録と審査手続きの要件

ストックフォトクリエイター登録手続きと要件

ストックフォトサービスで写真を売るためには、まずは「クリエイター」として登録する必要があります。プロカメラマンだけでなく、アマチュアでも登録できるので心配ありません。

登録手続きも、利用規約を確認し、会員登録書に必要事項を記入するだけですので難しくありません。もちろん無料です。

とはいえ、それぞれのストックフォトサービスで、いくつか違いがありますので、その特徴的な点だけ以下にまとめました。

PIXTAAdobe StockiStockShutter Stock
固有の特徴・身分証明書の提出が必要
・ネット上で入門講座の受講、入門テストの受験が必要
(本人確認のための身分証明書の提出は、会員登録時ではなく、写真を初めてアップロードする時に必要となる)gettyimagesとiStock by gettyimagesのどちらのサイトの需要にマッチするかの審査がある会員登録時に住所などを英語で記入するよう指示がある
固有の特徴への対応身分証明は運転免許証やパスポートなどで可
講座やテストは販売に必要な著作権・肖像権などの権利や、素材に求められる要件を学ぶ目的で、難しいものではない
特になし
iStockは gettyimages社が運営するストックフォトサイト。iStockはプロアマ問わずコントリビューターとして登録できる。通常はiStockで承認される住所のアルファベット表記の仕方はネットで検索すればすぐ分かるため難しいことはない

審査に提出できる写真の要件

クリエイター登録が終われば、写真をアップロードすることができます。

それぞれの写真は、タイトルやタグなどの情報を入れた後、審査を受けますが、そもそも「審査に提出できる写真の要件」を満たしていなければ、アップロードすることもできません。

各ストックフォトサービスで決められた要件のポイントを以下にまとめました。

スマートフォンで撮影した写真であっても上記の要件を満たせばアップロード可能ですが、審査には通りにくくなっています。

PIXTAAdobe StockiStockShutter Stock
画像サイズ/解像度長辺と短辺の合計
1,301px以上
15,000px以下
最小解像度
4Mpx(400万画素)
最大解像度
100Mpx(1億画素)
最小解像度
3Mpx(300万画素)
最大解像度
256Mpx(2億5,600万画素)
最小解像度
4Mpx(400万画素)
ファイルサイズ1ファイルあたりの容量 
50MB以下
1ファイルあたりの容量 
45MB以下
写真の形態JPEGJPEGJPG/JPEGJPEG

いもさん

画像サイズ/解像度は各社厳しい基準があります。PIXTAは長辺と短辺の合計」で測る基準になっていて、一番緩い基準です

画像サイズ/解像度の確認方法

上の表で説明した「画像サイズ/解像度」の確認方法は、以下の通りです。

画像サイズ

1. 写真上で右クリックし「プロパティ」を選択
2. 「詳細」の中の「イメージ-大きさ」に書かれている数字を確認

PIXTAの場合、長辺と短辺の合計ですので、5,184 + 3,456 = 8,640となります。その他のストックフォトサービスでは、5,184 x 3,456 = 17,915,904となります。

よって、この写真はいずれの場合も要件を満たしています。

しかし、これまでに撮った写真は、あまり高くない画素に設定して撮影しているのではないでしょうか。その方が、より多くの枚数を撮影できますので、ストックフォトで販売するという目的がなければあまり高くない画素にカメラを設定していることが多いと思います。

もしそうであるならば、過去に撮影した写真をストックフォトで販売できないケースが出てきますのでご注意ください。なお、画像サイズを大きくするために、撮影後に拡大することは画質の劣化を招くため認められていません。

ファイルサイズの確認方法

上の表で説明した「ファイルサイズ」の確認方法は、以下の通りです。

ファイルサイズ

1. 写真上で右クリックし「プロパティ」を選択
2. 「全般」の中の「サイズ」に書かれている数字を確認

写真の形態

JPEGとJPGは画像ファイルにつけられた拡張子が違うだけで、機能面の違いはありません。いずれにせよ、RAWやTIFFファイルは使えませんので、JPEGに変換する必要があります。

いもさん

RAWで撮影した画像はAdobe Lightroom ClassicというソフトなどでJPEGに現像できます

ストックフォトサービスの規約

クリエイターとして登録し、ストックフォトを販売する前に、規約を良く確認する必要があります。規約には、コンテンツの所有権、リリース(モデルリリース・プロパティリリース)、報酬など、クリエイターが把握しておくべきことが書かれています。

例えば、ストックフォトサービスで販売される写真の著作権はクリエイターに属します。写真を購入した人は、使用許諾の範囲内で何度でも使用できる「ロイアリティ―フリーの使用権」を得るだけです。

そのため、クリエイターはストックフォトサービスの定める規約に従い、さまざまな法的権利を侵害しないように気を付けなければなりません。

その中で特に重要なのが、モデルリリースとプロパティリリースです。

モデルリリースとは

モデルリリース」とは、写真に人物が写っている場合、肖像権を持つ被写体の人物に、ストックフォトとして写真を販売することに同意をしてもらうことをいいます。

たまたま写りこんだ人であっても、個人が特定できる場合は、モデルリリースが必要です。各ストックフォトサービスで用意してあるひな形(肖像権使用同意書)を使い、写っている人全員から署名をもらいます

その署名を得ることができないと、写真を販売することができません過去に撮りためた写真を販売する場合でも、同様の手続きが必要となります。

プロパティリリースとは

プロパティリリース」とは、自分以外の個人・法人が所有・管理する被写体を撮影した場合に、ストックフォトとして写真を販売することに同意をしてもらうことをいいます。作品の販売にあたって許可を得るための書類を「プロパティリリース」といいます。

旅先などで撮影した写真には、建物・敷地や、アート作品などが含まれている場合が多くあります。街中を撮った写真にも、商標や意匠として登録された企業のロゴや製品、著作権の発生するキャラクター、芸術作品、第三者が所有する物品やペットなどが写っています。

そのような場合も、所有者による同意書への署名が必要です。こちらも、過去に撮りためた写真であっても、販売するためには同様の手続きが必要となります。

いもさん

モデルリリースもプロパティリリースも、各社ひな形が異なります。記載する項目が異なる場合がありますので、それぞれのひな形を使って別々に作成する必要があります

最後に

「過去に撮りためた写真をストックフォトで販売できるのか?」に対する答えはYesでもありNoでもあります。

私の場合、「画像サイズ/解像度」が要件に合わない写真が多く、あきらめた写真が多くありました。また、人物が写った写真は「モデルリリース」を今さら取れないため、こちらもあきらめざるを得ませんでした。

そのため、過去に撮った写真はあまり使えず、これから新たに写真を撮っていく必要があります。

いもさん

ストックフォトで売る写真を撮るためには、各社の審査要件を把握しておく必要があります。ストックフォト専用の写真を撮るという意識が求められます