1) 副業・ビジネス全般

40代、50代には「ストック型のネットビジネス」がおすすめ

こんにちは いもです。

この記事では40代、50代におすすめしたい「ストック型のネットビジネス」について紹介します。

以前の記事「40代、50代の人は、定年退職後に備えて、自分でお金を得る方法を今から身に着けておこう」の中で、40代、50代の人は、定年退職後に備えてストック型のネットビジネスでお金を得る方法を身に着けることをおすすめしました

なぜなら、年を取るに従い自分の体が不自由になったり、親の介護が必要になったりと制約が増え、労働し続けることが難しくなるからです。

今回は、その「ストック型のネットビジネス」とはどういうものか、詳しくご説明します。

40代、50代の人は、定年退職後に備えて、自分でお金を得る方法を今から身に着けておこう不安定な世の中に生きる40代、50代の人は、定年退職後に備えて自分でお金を稼ぐ方法を今から身に着けておく必要があります。インターネットを使えば、「40代、50代だからこそ持っている価値」をお金に換えることが可能です...

フロー型ビジネスとストック型ビジネス

フロー型のビジネスとは

ビジネスモデルの考え方の一つに「フロー型ビジネス」と「ストック型ビジネス」という2種類の分け方があります。

「フロー型ビジネス」とは、「自分の労働の対価としてお金を得るもの」を言います。「狩猟型」と例えられることもあります。

サラリーマンの仕事は「フロー型」です。副業として飲食店でのアルバイトすることや、Ubereatsなども「フロー型」です。

「フロー型」の副業というと、以下のようなものがあげられます。

フロー型副業の例

【顧客の発注により行うもの】
・プログラミング
・動画編集
・デザイン作成
・文章作成(ライティング)

【自分一人で行えるもの】
・せどり
・転売・輸出入
・自己アフィリエイト
・アルバイト・Ubereats

「フロー型」のメリット、デメリットとしては以下があげられます。

メリットデメリット
・仕事が得やすい
・即金性がある
・労働した分だけお金が入る
・スキルがあまりいらない職種もある
・労働し続けないとお金が入らない
・顧客等との調整が発生する

ストック型ビジネスとは

一方、もう一つの形は「ストック型ビジネス」というものです。

「ストック型ビジネス」とは、「自分の労働が積みあがっていくもので、育っていけば自分が労働していない時間にも売上が上がっていくもの」を言います。「農耕型」と例えられることもあります。

「ストック型」の副業というと、以下のようなものがあげられます。

ストック型副業の例

・ブログ/サイト(アフィリエイト)
・YouTube(広告収入)
・デジタルコンテンツ作成(本・教材販売、写真・イラスト販売、ソフトウェア販売など)
・不動産投資

「ストック型」のメリット、デメリットとしては以下があげられます。

メリットデメリット
・労働したことが積み上がっていく
・一度育てば継続的に安定した収入を得られる
・自分が労働しない時間でも売上が上がっていく
・大きな収入を得られる可能性がある
・売上が立つまで時間と手間がかかる(即金性がない)
・売上が立つ(お金が入る)という保証がない

40代、50代には「ストック型のネットビジネス」がおすすめ

年輪

定年退職後のリスクを減らす仕組みを作っておこう

40代、50代になった人が副業を始める時には、「自分が置かれている状況」や「自分が目指すライフスタイル」をよく考えて仕事を選んでいく必要があります。

次の表は、年代によって異なる置かれた状況をまとめたものです。

現在、サラリーマンとして仕事をしている人は、既に「フロー型」の収入源を持っています。しかし、何年後かには定年退職を迎え、その収入源はなくなってしまいます

高齢になれば、病気になって働けなくなるという健康上のリスクも増していきます。親の介護などで自由な時間が作れなくなる、ということも想定しなければなりません。

なので、元気で時間の取れる今の内に、「ストック型のネットビジネス」を始めて、退職後に備えるべきなのです。

月給と言う「フロー型」の収入が途絶えた後のことを考えて、「ストック型の収入源から安定的にお金が入ってくる仕組みを作っておくのです。

1つの収入源から、数万円でも数千円でも構いません。そういった小さな収入源を複数持っておくことで、年金や貯蓄だけに頼らない暮らしが送れるようになります。

いもさん

定年退職後も体が動くのであれば、「フロー型」のビジネスをして収入を得るのもいいでしょう。しかし、「フロー型」のビジネスしかできないのであれば、何歳になっても一生働き続けなければなりません。そうならない様に、今からの備えが大切です

人生経験豊富な40代、50代に「ストック型ビジネス」は向いている

40代、50代の人は、既に人生の半分ほどを生きてきました。そして、その何十年間に、多くの経験と知識などを得てきました。それこそが強味です。

ストック型のビジネスではそれが生かせます

長年働いてきた仕事に関する知識や経験や情報、長年やってきた趣味に関する知識や経験や情報。これらを形に残せば、誰かの「価値」として提供できるのです。

知識や経験や情報を「価値」に変える方法はいろいろあります。

これまでの仕事で経験してきた「営業トーク」や「人前でのプレゼンテーション力」は動画撮影で活かせるかもしれません。

「提案書」や「プレゼンテーション資料」作成経験が、ブログ/サイトや教材作成などに活かせるかもしれません。

これまで培った知識・経験・情報を活かせるのが、「ストック型ビジネス」ですが、それを実現するためにこれまで培ったスキルも役立ちます。

40代、50代の身の回りには多くの「ストック」がある

これまでの人生で手に入れてきた知識や経験や情報の他にも、40代、50代の身の回りには多くの手に入れたもの(ストック)があります。今の時代は、身の回りの「ストック」もネットでお金に換えることができます。

例えば、次のようなものです。

身の回りのストックをネットでお金に換える方法

中古品販売:本、家電、家具、衣料品、ブランド品やコレクションなどをヤフオク、メルカリ、ジモティーなどで売る

動産・不動産レンタル:車、駐車場、空スペースなどをAnyca、akippa、MonooQなどで貸し出す

自分の作品:写真・イラストや趣味で作ったものをPIXTA、Adobe Stock、minneなどで売る

中古品販売は、商品ごとに出品、梱包、発送などの手間が発生する「フロー型のビジネス」になります。しかし、「これまでゴミとして捨てていたものがお金に換えられる」という意味で、40代。50代に有益な技術です。

大量消費時代に生きてきた40代、50代は、今住んでいる家だけでなく、実家にも多くの「もの」を持っています。「中古品を売る技術」を身につけておけば、いつでもお金を作ることができるようになります。

最後に

希望

「ストック型のネットビジネス」が、40代、50代とっておすすめの理由が分かっていただけたと思います。

とはいえ、日々の仕事が忙しいと、なかなか副業に充てる時間が取れません。また、ストック型ビジネスは、売上が立つまで時間と手間がかかります

そうなると、手っ取り早くお金を稼げる「フロー型ビジネス」を始めたくなります。しかし、ちょっと待ってください。

現役で働いている40代、50代の今だからこそ、得ることができる経験と知識があります。40代、50代という貴重な時間を無駄にしないためにも、1日でも早くストック型ビジネスを始め、これから経験することも含めて積み上げていく仕組みを持つべきです。

コツコツと少しずつでも積み上げていくことができれば、気が付いたころには「大きな資産」となってくれるはずです。

いもさん

将来、少しでも安心にした暮らしができるように。今すぐにストック型のネットビジネスに取り掛かることをおすすめします。