1) 副業・ビジネス全般

スマホアプリを使えば、スケジュール管理・日記が続かない悩みを解消できる

手帳

こんにちは いもです。

年末になると毎年恒例の手帳選びが始まります。しかし、この手帳を私は1年を通して使い続けたことがありませんでした。

使い続けられそうな手帳を毎回探し回り、考えて考えて買うのですが、結局使うのは月毎の予定表(マンスリー)のページだけ。そこに記載する予定も、年度途中からは殴り書きされ何が書かれているかも判別できません。

日記帳も同じです。日記が書かれているのは毎年1月の途中まで。年度途中に思い出したように書かれているページがある年もありますが、それもすぐに終わっています。

自分はどうして書き続けることができないのでしょうか。

そんな私が、手帳と日記帳を1年以上に亘って書き続けることができているのです。

それは、スマホのアプリを使うやり方です。

その方法を紹介します。

いもさん

毎年同じ挫折を繰り返してしまうことが自分のコンプレックスになっていました。どうしたら解決できるのかを真剣に考えました

手帳を使って実現したいことは何?

手帳を書き続けられない理由は?

どうして手帳を書き続けることができなかったのか?まずはその理由を分析してみました。

・1つの手帳でスケジュール管理、メモ、目標管理など、欲張ってさまざまなことをやろうとしすぎた
・おすすめの手帳や人気の手帳など、毎年違う書き方の手帳を使っていたため、使い方が毎年違っていた
・汚い字や不十分な言葉で書かれており、読み返しても何について書かれているのかが分からなかった
・バッグから手帳を取り出す手間や、ペンを探す手間があり、書きたい時にすぐ書かないことが多かった
・手帳がどこにあるかが分からなくなることもあり、探しまわる手間があった
・ペンで書くと消すことができず取り消し線で修正するため、手帳が汚く・見づらくなっていた

いろいろな問題点が出てきました。そこで更に、もっとも解決したい問題は何か、手帳を使って実現したいことは何かを考えました。

・書きたいことを書きたい時(忘れない内)に記録したい
・過去に書いたことを見返して当時を思い出したり、その情報を今に活用したい

そこで、いつも欠かさず手元にある「スマホ(スマートフォン)」でできる方法はないのかと思い立ちました。しかし、「スマホで文章を打つのは面倒くさいよな」という思いもありました。

スマホには「悩み」を解決する方法がたくさんある

過去にもスマホをつかってメモを残したり、食事管理をしたことがありました。しかし、それらも長くは続きませんでした

ところが、久しぶりにアプリストアーを検索してみると、以前とは比べ物にならないほどの新しいアプリがあることが分かりました。

私は「続けることができない」という「悩み」で終わっていましたが、その「悩み」を「悩み」で終わらさずに「解決するため方法」を提示してくれている人がいるのです。

スケジュール管理、メモ、日記、食事管理、健康管理、ToDoリストなどなど。手帳を使ってやろうとしてきたことが、全てアプリで実現できるのです。

 

 

おすすめのスマホアプリ

スケジュール管理アプリはTime Tree(タイムツリー)

タイムツリー

スケジュール管理にはカレンダーシェアアプリのTime Treeを使っています。入力が簡単な上に、自分だけで見れるカレンダーと、家族や恋人と予定を共有できるカレンダーが使い分けられるという便利な機能がお気に入りです。

Time Treeの特徴は次の通りです。

・20代、30代女性の利用者No.1カレンダーアプリ
・2,500万人が愛用しているアプリ
・App Store Best of 2015受賞
・App Store 評価 4.6、google play 評価4.5
複数の相手と予定を共有できるカレンダーアプリ
・家族・カップル・会社などグループごとにカレンダーを設定し、一つのカレンダーに複数人が予定を登録可能
・メンバーの一人が予定を更新すれば全員に通知が送付される
・予定の項目ごとにメンバー同士でチャット可能
・待ち合わせの場所の写真などを送ることも可能
・シンプルで見やすく、操作も簡単
利用料金フリー(無料)
・Android携帯、iPhoneで利用可能

日記帳アプリは無地日記

無地日記

日記帳アプリは無地日記を使っています。無地日記はとにかくシンプルで使いやすいアプリです。ほかのアプリでも日記を書いてみましたが、私の使わない余計な機能がいくつもついていてかえって使いづらい印象でした。

無地日記の特徴は次の通りです。

・累計ユーザー数50万人
・App Store 評価 4.6、google play 評価4.3
シンプルで使いやすさを追求した日記帳アプリ
4桁のパスロック機能で誰かに見られる心配なし
・一切ネットワークに接続されないため情報漏洩の心配なし
・一つの日記に10枚まで写真添付可能
文字サイズの変更可能
利用料金フリー(無料)
・Android携帯でのみ利用可能

なお、無地日記の利用料は無料ですが、書いた日記をコンピューターにバックアップしたり端末移行するのは有料(年間2,000円程度)です。

私の場合、約3ヶ月毎にGメールを使って自分で日記を転送するようにしています。そうすれば、まとめて読み返すことが可能になります。

無地日記をコンピューターにバックアップする方法

1. 書いた日記を長押しすると「すべて選択」が表示される
2. 「すべて選択」を押した後に「コピー」
3. メールを開き「ペースト」
4. 自分のメールアドレスに転送
5. 転送した日記をWordなどに貼付け

スマホへの入力を効率化する方法

Bluetooth key board

スマホで文章を打つのは面倒くさい

これを解決するために、ブルートゥースの携帯型Key Boardを購入しました。上の写真にあるBuffaloのBSKBB310というもので、2,500円ほどでした。

1つのキーボードを複数の端末につなげるため、スマホだけではなくタブレットにもつなげて便利です。

とはいえ、購入当初はキーボートを使っていましたが、今は結局、スマホで直接入力しています。

というのも、キーボードを出して打ち始めるのが一手間だからです。また、できるだけ長文を打ちたくないため、文章を短く校正する癖がつくのもスマホで直接入力するメリットです。

ブルートゥースKey Boardでの入力は確かに便利で効率的です。一手間が気にならない方であれば、購入するのも良いでしょう。

最後に

どうしても解決できない長年の悩みが、50歳目前になってやっと晴れました。これは技術やサービスの進化のおかげです。

スマホを使えば、これまでできなかったことができるようになり、自分の暮らしを理想に近づけることができます。是非試してみてください。

・書きたいことを書きたい時(忘れない内)に記録できる
・過去に書いたことを見返して当時を思い出したり、その情報を今に活用できる

いもさん

自分が過ごしてきた日々をきちんと書き残して、それを将来に役立てることができます。スケジュールや日記を書き続けることは、自分の1日1日が着実に積み上がって進歩している感じがするのでうれしくなります