1) ブログ・アフィリエイト

取得するドメイン名の決め方に、さほど迷う必要はない

レンタルサーバー

こんにちは いもです。

今回は、ちょっと難しく考えてしまいがちなドメインについてです。私はドメインについての知識をもっていなかったので、どんなドメインにすればよいのかよく迷いました。いろいろな人のブログで勉強して、今では自分なりの考えがまとまりましたが、実際のところもっと良い考えがあるのかもしれません。

私の結論は「取得するドメイン名の決めき方に、さほど迷う必要はない」ということです。とはいえ、多少気にかけていることもありますので、それを紹介します。

WordPress(ワードプレス)でブログを作るときには、まずは「独自ドメイン」というものを取得する必要があります。まずはドメインの基本的なところから説明します。

ドメインとは何か

ウェブサイトとサーバの関係

「ウェブサイト」は、インターネットで扱われるものの1つです。

ブログはウェブサイトの一種ですが、そのデータは、インターネットとつながっている「WEBサーバ」に保管することになります。

ブログをインターネット上で見れるようにするためには、この「サーバ」をレンタルする必要があります。

レンタルサーバは貴重品を預ける「銀行の貸金庫」のようなイメージでしょうか(多くの人は「土地のようなもの」と言っていますが、ちょっとしっくりこなかったので別の表現をしてみました)。作成したブログのデータは、その「貸金庫」に保管しておきます。

誰かがあなたのブログを見ようとすると、その度に「貸金庫=レンタルサーバ」から必要なデータが呼び出されます。そのデータは見やすいようにレイアウトされ、閲覧者のパソコンなどに表示される仕組みです。

あなたのブログデータが、「どのサーバーのどこに保管されているか」それを分かるようにしたものが「ドメイン」です(実際にはIPアドレスやDNSサーバーなどの説明も必要ですが、ここでは理解しやすいように説明を省略しています)。

ドメインは世界に1つしか存在せず、同じものを2つ作ることはできません。

そのため、ドメインは「インターネット上の住所」とも言われています。

ドメインとは

ドメインとは、ウェブサイト(ブログ)のURLの一部や、メールアドレスの一部のことを言います。

URLドメイン

ここでは「ウェブサイト(ブログ)」のドメインについてご説明します。

まずはじめに、ドメインは「 .(ドット)」で分けて3つのパーツに分けられます(2つの場合もあります)。

ドメインのパーツ

ワードプレスでブログを作る場合は、「独自ドメイン」と言うものを使います。「独自ドメイン」とは、全てのパーツを自分の好きなように決められるものを言います。

とはいえ、Topレベルと2ndレベルドメインは、既存のものから選ぶ形で、自由に決められるのは「ドメイン名」の部分のみです。

一方、無料のブログサービスでブログを作る場合は、ブログサービス会社が決めたドメインのサブドメイン部分だけしか決めることができません(※)。

「サブドメイン」とはドメインの更に左に「.(ドット)」を挟んで作るもので、次の例の場合、FC2ブログが所有するドメインの下にサブとして作られたドメインを指します。

サブドメイン

※ 最近は、独自ドメインを取得できるサービスを提供している無料ブログも一部あります

トップレベルドメインと2ndレベルドメイン

インターネットのドメイン名は、様々な国、機関により管理されています。そして、トップレベルドメインは、特定の国や地域に割り当てるためにつくられたものと、特定の国や地域によらない分野別のものに分かれ、その数は数えきれないほど存在します。

その中で日本でよく使われているものを紹介します。

トップレベルドメイン概 要
.jpJapanが語源で、日本に住所があれば登録可能
.comCommercialが語源で、商業・商用を意味する。商業組織のイメージ
.netNetworkが語源で、ネットワーク分野のイメージ
.infoInformationが語源で、情報を意味する。情報分野のイメージ
.orgOrganizationが語源で、組織を意味する。非営利組織のイメージ

また、日本の国別コードであるトップレベルドメイン「.jp」には、セカンドレベルドメインを設けて、ドメイン登録者の属性を表しています。セカンドレベルドメインは、定められた要件を満たしたところのみ付けることが許されます。

2nd レベルドメイン概要(要件)
.co.jp日本の会社が付けることができる。株式会社、有限会社等
.go.jp日本の政府機関が付けることができる。省庁、特殊法人等
.ac.jp日本の教育機関が付けることができる。大学、学校法人等
.or.jp日本の公益法人、医療法人等

個人でブログを作る場合は、2ndレベルドメインを気にする必要はありません。

トップレベルドメインの選び方

トップレベルドメインはどれを選んでも大きな違いはありません。SEO (googleに検索されやすさ)に影響はないとも言われています。

しかし、あまりメジャーではないトップレベルドメインを使うと、閲覧者が悪い印象を抱く恐れがあります。

世界的に良くつかわれているトップレベルドメイン(.com、.net、.org)や、日本のサイトと分かるトップレベルドメイン(.jp) が無難でしょう。

なお、使いたいトップレベルドメイン名を決めたときに、既に同じものが他の人に使われている場合もあります。そのような場合には、他のトップレベルドメインを選ぶか、ドメイン名を変更して対応します。

ドメイン名の決め方

ドメイン名は、自分の好きなように決められます

ドメイン名を日本語で付けることもできるようです。しかし、専門的知識を持っている人のブログなどを読む限り、日本語ドメインにするメリットはあまりなさそうです。ちなみに私は、アルファベット表記のドメインしか使ったことがありません。

アルファベットにせよ、日本語にせよ大事なのは、「短く分かりやすいこと」です。

ドメイン名を見るだけで誰のサイトか一目でわかれば、それはブランディングできているサイトと言えます。短い分かりやすいドメインなら、読者が検索窓に入力して検索しやすくなります。

SEO(googleに検索されやすさ)への影響については、専門的知識を持った人の解説を読む限りあまり影響しないようです。それ以上に、読者が見たときの印象や、使いやすさが大切なようです。

なお、アルファベットの単語を複数つなぐ場合は、単語と単語の間は「- (ハイフン)」でつないでください。

最後に、人気ブログのURLを参考まで載せておきます。

サイト名URL
マナブログhttps://manablog.org
イケハヤ大学https://www.ikedahayato.com
毎日が生まれたてhttps://maiuma.com/
ノマド的節約術https://nomad-saving.com/
転職アンテナhttps://tenshoku-antenna.com/
クレジットカードの読み物https://news.cardmics.com/
八木仁平公式サイトhttps://www.jimpei.net/

いもさん

人気ブログをみるかぎり「.com」が圧倒的に多いですね。でも「.org」や「.net」もあります

ドメイン名が決まったら

独自ドメインの取得方法

さて、ドメイン名が決まったら、ドメインを取得します。ドメインを取得し維持するには通常1,000円~3,000円/年ほどかかります。

ドメイン管理会社(レジストラ)のウェブサイトで、ドメインを取得できますが、レジストラを決める時は、利用するレンタルサーバとの相性を考慮した上で決めることをおすすめします。

レジストラとしては、「ムームードメイン」、「お名前.com」などが有名です。「ムームードメイン」でドメインを取得するなら、同じ企業が提供している「ロリポップサーバ」との連携がスムーズです。また、「お名前.com」も自社で「お名前.comレンタルサーバ」をやっているため、連携・設定が簡単で、初心者にもおすすめと言われています。

とはいえ、ドメインとサーバの連携は初心者には難しいものです。その点、2018年に新しくサービスを開始した「ConoHaレンタルサーバー」は初心者にもおすすめです。

ConoHa Wing」というプランを使うと、ドメイン1つを無料で取得でき、解約しない限りドメイン代が永年無料となります。また、レンタルサーバの申し込みと同時に、ドメインに関する設定も簡単に行えるので助かります。

なお、ドメインはどこのレジストラでも同じように取得できますが、レジストラによって年間利用料が異なる場合があります。

いもさん

私はムームードメインで取得したドメインをロリポップサーバで7年間運用してきましたが、先日ConoHa Wingに乗り換えました。新しいサービスだけあって、とても簡単で使いやすくて驚きました

WEBサーバ
ブログ成功の3割はサーバ選びで決まる ConoHa WINGがおすすめWordPressブログを作る時のレンタルサーバはConoHa WINGできまりです。独自ドメイン設定、ワードプレスインストール、SSL化(無料)、テーマインストールが一括で簡単にできる画期的サービスです。ロリポップとの比較もまじえ紹介します...

最後に

ドメインについての結論は、タイトルの通り「取得するドメイン名の決めき方に、さほど迷う必要はない」ということです。読者のことを考えて、短く分かりやすければ大丈夫です。

とはいえ、ドメインはインターネットの住所でもあり、自分のブログをブランディングできる要素でもあります。途中で気分が変わったからと言って、ドメインは変えられるものでもありません。

ですので、「さほど迷う必要はない」とはいえ、自分のブログにふさわしいものを良く考えて付けるようにしてください。

また、ドメインを実際に取得する時には、ドメインとレンタルサーバのトータルで考えるようにしてください。

ドメイン代は少額とはいえ、毎年発生するランニングコストです。最近は、ConoHa Wingのようにドメイン代無料のお得なサービスも出てきています。

いもさん

初心者はどこでドメインを取得するか迷うところですが、ドメインとサーバの連携がしやすく、ドメイン代とサーバ代の総コストが安いところを選ぶとよいでしょう