1) ブログ・アフィリエイト

ブログ(サイト)タイトルの付け方についての、私なりの答え

フリーペーパー

こんにちは いもです。

これまで数多くのブログ(サイト)を立ち上げてきましたが、立ち上げるたびにいつもブログ(サイト)タイトルに悩みました

立ち上げてしばらくたってから、タイトルを変えることも複数回ありました。それは、書き貯めた記事内容とタイトルにズレを感じるようになってしまったからです。

ブログ(サイト)タイトル付けにはいつも悩まされました。

悩む度に、いろいろな人の意見を参考にしながら進めてきました。しかし実際に人気ブログのタイトルを見ていくと、人それぞれです。短いものも長いものも、意味不明のものも単純なものもあります。

結局は、ブログ(サイト)タイトルは自分の好きなように決めれば良いということのようです。

とはいうものの、実際にさまざまなタイトルのブログ(サイト)を作りながら、私なりの考えにたどりつきましたのでそれを紹介します。

おすすめするブログ(サイト)タイトル

親しみがわき、覚えやすいもの

以前の記事、「40代、50代は自分のオウンドメディアとしての「ブログ(雑記・特化)・サイト」を保有しよう」の中で、ブログとサイトについて説明しました。その中で、「ブログ」は自分の考え・意見・主張を込めた記事を書き、自分の個性を押し出していくと書きましたが、そのように個性を出すタイプのものには、「親しみがわき、覚えやすいもの」が適しています。

覚えやすいタイトルであれば、googleの検索窓に直接入力して検索されやすくなる可能性が高まります。

また、特に最近は、SNSや口コミで広がり人気が出るブログも多くなりました。個性的なブログはSNSなどで広がるチャンスも多くあります。その時に有利なのは、親しみがわく、覚えやすいタイトルのブログです。

覚えやすい例としては、人の名前、あだ名、物の名前など。人気ブログのタイトル例をご紹介します。

人気ブログのタイトル例

manablog:IT技術等 特化ブログ
ヒトデブログ:ブログ運営 特化ブログ
ヨッセンス:人生効率化 特化ブログ
マクリン:ガジェット 特化ブログ
gori.me:Apple商品 特化ブログ
Chikirinの日記:雑記ブログ
はあちゅうのお買い物日記:雑記ブログ

ブログがおすすめ
40代、50代は自分のオウンドメディアとしての「ブログ(雑記・特化)・サイト」を保有しようストック型のネットビジネスで、ブログ・サイト(オウンドメディア)作成は40代、50代の中高年におすすめです。人生で得た経験・知識を活かしたWEBページを資産として作りあげ、アフィリエイトで安定的収入を得る。定年退職後を見据えて始めましょう...

扱っているジャンルやテーマが分かるもの

サイトや特化ブログのように、ある特定ジャンルを扱う場合は、扱っているものが分かるタイトルが適しています。

そのWEBサイトで扱っているジャンルやテーマが一目でわかれば、情報を探しに来た読者はストレスなくクリックし、WEBサイトを開くことができます。

人気サイト(ブログ)のタイトル例

マネーナビゲーション(マネナビ):金融系サイト
クレジットカードの読み物:クレカ系サイト
副業コンパス:副業系ブログ
みんなのパーソナルトレーニング:スポーツジム系サイト
転職アンテナ:転職系ブログ
食材宅配サービス比較どっとこむ:食材系サイト
オウチーク:育児系サイト
めがねっと:アニメ・マンガ系サイト

いもさん

このブログのタイトル「シニアの新しい生き方を探す おいもさんブログ」は上の2つの要素を入れてみました。ちょっと長くて分かりづらい感じだけど、「このブログでやりたいことと+覚えやすい名前」です

ブログ(サイト)タイトルをつける時にやっておくこと

キャッチフレーズとディスクリプション作成

WordPress(ワードプレス)を使ったWEBサイトで、ブログ(サイト)タイトルを決める時、同時に決めておいた方がいいものがあります。それは、「キャッチフレーズ」と「Description」です。

キャッチフレーズ

自分が使う「テーマ(WEBサイト全体のデザインなどを決めるテンプレート)」によっては「キャッチフレーズ」を表示できないものもあります。自分が使うテーマではどのような表示がされるのかを事前に確認しておくとタイトル付けの参考になります。

ブログトップぺージの表示

1. 有料テーマ DIVERの場合:タイトルに加えキャッチフレーズも表示される

2. 有料テーマ JINの場合:キャッチフレーズは表示されない

3.無料テーマ Twenty Nineteen:タイトルに加えキャッチフレーズも表示される

4.無料テーマ Twenty Twenty-One:タイトルに加えキャッチフレーズも表示される

「キャッチフレーズ」には、ブログのコンセプトなどを入れて、何のブログであるかを読者に分かりやすく伝えるのに便利です。

ディスクリプション(description)

「ディスクリプション(Description)」は、ブログの内容を分かりやすくまとめた説明文です。googleなどの検索結果に表示されるものなので、読者がクリックして開いてくれるように分かりやすく、魅力的に書く必要があります。

google 検索結果の表示

1. 有料テーマ DIVERの場合

2. 有料テーマ JINの場合

google検索結果に表示される項目もワードプレステーマにより異なります

JINの場合、「SEOサブタイトル」がタイトルの横に表示されます。これは他のテーマにある「キャッチフレーズ」と大きく変わりませんが、JINではTOPページには表示されず、検索結果に表示される仕様となっています。

いもさん

タイトル、キャッチフレーズ(SEO用サブタイトル)、ディスクリプションの3つを調和させ、自分のブログを総合的にブランディングしていく必要があります

ブログ(サイト)タイトルの確認項目

ブログ(サイト)タイトルの長さの確認

確認すべき1つ目は「ブログ(サイト)タイトルの長さ」です。文字数が長すぎると、上でお見せした「google 検索結果の表示」でタイトルが切れて表示されなくなります

長くても25文字~28文字程度が望ましいと言われています。

ブログ(サイト)タイトルが人とかぶっていないか確認

確認すべき2つ目は「タイトルが他の人とかぶっていないか」です。

これを確認するためには、自分が付けようとするブログ(サイト)タイトルをGoogleで検索してみてください。同じサイトタイトルを使っている人がいないか、そのタイトルで上位表示されている人はいないかを確認してください。

同じタイトルを使ったライバルサイトが強いと、上位表示が難しくなるという問題もありますが、それよりも読者にとって紛らわしくなり、自分のブログ(サイト)のブランド化にも影響が出てしまう問題があります。

読者がどんなキーワードで検索しているか

確認すべき3つ目は「読者がどんなキーワードで検索しているか」です。

これは参考程度にすれば良いと思いますが、検索される回数の多い「キーワード」をタイトルやキャッチフレーズの中に入れた方が、上位表示の可能性が高まると言います。

「キーワードリサーチ」をするには、「ラッコキーワード」や「Google広告 キーワードプランナー」が便利です。

最後に

ブログについて情報発信をしている先輩ブロガーさん達の記事を見ると、サイトタイトルの付け方の考え方は、大きく2つがあるようです。

1. タイトルは検索結果の上位表示に大きく影響するとの根拠で、検索されやすいキーワードを入れるべきという考え
2. タイトルは後で変えることもできるので、好きな物をつけてよいという考え

個人的には、40代、50代はオウンドメディアとしてブログ(サイト)を持つべきと考えていますので、そのブログ(サイト)を自分のブランドと捉え、タイトルは自分の好きなように決めれば良いと考えています。

その時に、読者の立場に立った分かりやすいたタイトルにできればなお結構です。その目安が先に説明した2点となります。

・親しみがわき、覚えやすいもの
・扱っているジャンルやテーマが分かるもの

いもさん

読者の集客にSEOは大事だけど、今はSNSの重要度が増しています。お客様目線でブログ(サイト)を作る重要性が一層ましてきたということですね